塗装工事 用語集

ベストウイングテクノ株式会社 > 用語集 > 塗装工事 用語集

あ行

足場 あしば 外壁や屋上など、高所での工事をしやすくするために設置する仮設設備のこと。

上塗り うわぬり 塗装の最終工程で、耐候、耐汚染のためや美観のために仕上げとして性能・意匠を発揮する。トップコートともいう。

エアレススプレー塗り えあれすすぷれーぬり 塗料を高圧で加圧し、ノズルチップから噴出させ、被塗物に塗り付ける方法。塗料を霧化させないので、エアスプレーよりロスが少ない。
エコ塗料 えことりょう

人体に有害な成分を抑えた塗料の総称。溶剤にシンナーを使わず天然原料を使用している塗料をさすことが多く、自然塗料、健康塗料と称されることもある。

縁切り えんぎり

屋根材の重なり部分で塗料のたまった切片部分をハケなどで横方向に塗料をそぎ取ったり、皮すきなどで余分な塗料を除去すること。

か行

笠木 かさぎ

塀や手摺、パラペットなど上部分を覆っているコンクリート、木材製、金属製、石製など取り付ける仕上げ材のこと。

顔料 がんりょう

有機顔料と無機顔料に分けられ、有機顔料は鮮やかな色彩のものが多いが、一般に退色しやすいため、外装用には無機系顔料を使用する。

クラック くらっく ひび割れや亀裂のこと。
クリア仕上げ くりあしあげ 顔料を含まない透明な仕上げ。素地(下地)がそのまま見えるので、クリア仕上げしてもよい下地の状態かを十分に確認する。

ケレン けれん 手すりや階段などの鉄部の塗装を行う前に、鉄錆びや古い塗装膜を削り落したり、清掃したりする下地作業のこと。素地調整・下地調整をすべて含めてケレンと表現することが多い。

さ行

サイディング さいでぃんぐ 建物の外壁に使われる壁板のこと。
サビ止め さびどめ 鉄部をケレンした後、塗布する防食性・防錆性に優れた塗材のこと。
サンディング さんでぃんぐ 研磨のこと。

下地 したじ 塗装を行おうとする面で、すでに塗膜が存在する面のこと。
下地処理 したじしょり

下地の乾燥、汚れ、付着物の除去、穴埋めなどのために下塗りを施し、施工に適する下地に整えること。

下地補修 したじほしゅう

塗装や防水などの施工をする前に塗面を補修する工事のこと。

下塗り したぬり

最初に塗装する工程のことで、被塗物の表面の種類によって最適な塗料を選択する必要がある。
下地の表面を強化し、塗料と下地双方に影響が及ぶのを抑えるのが目的。

遮熱塗料 しゃねつとりょう 塗膜中に中空の粒や遮熱塗料が配合され、紫外線を反射し被塗物の温度上昇を低減させる。屋根用・外壁用・道路用などがある。
シリコン樹脂塗料 しりこんじゅしとりょう シリコン系樹脂を結合材として用いた超耐久性型仕上材のこと。
シーラー しーらー 「覆う」という意味。塗料の付着性向上や吸込み止め、アルカリ抑えなどである。
弱溶剤形塗料 じゃくようざいけいとりょう 揮発性・臭気がともに弱い溶剤、主に、灯油に近い塗料用シンナーAで希釈する。

水系塗料 すいけいとりょう 水で希釈可能な塗料のこと。溶剤系塗料に比べると臭気が少なく、ほぼ無臭のものもある。

た行

チョーキング ちょーきんぐ 白亜化。塗膜からチョークの粉が付着したようになってしまう状態をいう。

トップコート とっぷこーと 仕上げ材として外壁面に色彩、光沢などを与えるために用いられる。2次的に耐候性、耐汚染性などの効果も得られる。

な行

中塗り なかぬり

下地の保護や、塗装面に凹凸などの模様を出すための工程。塗膜に厚みを付加するねらいがある。
下塗りにも上塗りにも付着性の良いものが使用される。

2液形塗料 にえきがたとりょう 主剤と硬化剤の2つの液体を規定の割合で混合して化学反応によって塗膜を形成する塗料のこと。1液形塗料より性能的には優れている。

軒天 のきてん 主に屋根の裏側の部分のこと。玄関などの屋根にあたる庇(ひさし)や軒の裏側、外階段の裏側なども軒天にあたります。

は行

鼻隠し はなかくし 軒先に取り付けられる横板のこと。
巾木 はばぎ 床と壁の継ぎ目で、壁の最下部に取り付ける細長い横板のこと。
破風 はふ 和風建築で、切妻屋根や入母屋屋根の端に付けられた山形の部分、またはその形を作る板のこと。
パラペット ぱらぺっと 屋上などに設けられた手摺壁のこと。

ひさし 出入口や窓の上部に取り付ける小型の屋根のこと。雨よけや日よけの役割をします。
微弾性フィラー びだんせいふぃらー 下地調整機能をもった下塗り材。シーラーに比べ粘度が高く厚みを付けられるため微細なクラックなどを充填できる。

プライマー ぷらいまー 素地や下地に直接塗装する密着性の高い塗料。被塗面との付着性や、中塗りとの付着性が要求される。

ま行

水切り みずきり 雨水が壁面に伝わるのを防ぐため、窓台石や蛇腹の下面に設ける小溝のこと。

目地 めじ 石やコンクリートブロック(CB)、煉瓦などを積み重ねたり、タイルや化粧合板を張るときなどの継ぎ目のこと。

や行

養生 ようじょう 部材が傷ついたり、汚れたりするのを防ぐために、カバーをかけるなどの保護をすること。

ら行

わ行

お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。